ブログ環境をppBlogからPicoに移行してから早四年、移行目的でBoothCMS を開発・公開してから早五ヶ月。ようやく気まぐれメモランダムを Pico からBoothCMSに移行しました。いやあ、テンプレート書き換えたりコンテンツファイルを変換したりたいへんだったんですよ……って、単になまけていただけですが。 ご覧になる方には違いはほとんどないように見えると思いますが、今後使い勝手などを向上させていきたいと思いますので、のんびりとお付きあいいただければ幸いです。また表示や挙動におかしな点がありましたらお知らせいただければありがたいです。引き続きよろしくお願いします。 2022 年 9 月…
公開: / 最終更新日:
BoothCMSではMarkdownのパーサーにcebe/markdownを採用していましたが、本ブログの移行作業の過程で空要素を含む HTML フラグメントの解析に問題を確認しました。確認したのはバージョン 1.2.1 です。 問題になるのは、たとえばこんな感じ(マークアップは現象確認用に編集したものです)。 <div class="center youtube-container">
公開: / 最終更新日:
PHPで作成したフラットファイルCMS"BoothCMS"の初回プレビューリリースをGitHubで公開しました。 https://github.com/DBC-Works/BoothCMS BoothCMSはPico(特に初期バージョン)の強い影響下にあります。管理機能はなく、コンテンツはファイルとして作成してWebサーバーに反映させることで公開します。標準状態のPicoにない特徴は次になります: テンプレートをコンテンツごとに指定可能 一覧表示制御機能 組み込みのFeed(Atom Syndication Format) / Sitemaps サポート…
公開: / 最終更新日:
なんかいろいろやりはじめてサイト更新が止まらなくなりましたが、たぶんこれで打ち止め。Pico Tagsに手を加えてタグクラウド用の情報を生成させてみます。やりかたはかんたん。ただ事前に「Pico Tags Pluginを効率化する」で説明した効率化対応を行っておいてください。 まず集計を保持するメンバー変数を定義します: private $tag_counter; 次に、get_pagesメンバー関数の末尾に次のコードを追加します: $this->tag_counter = array(); foreach ($pages as $page) { $tags = $page['tags'];…
公開: / 最終更新日:
このブログで採用した軽量CMSPicoのソースを眺めていたら、タグ付けに使用しているプラグイン、Pico Tagsの処理を大幅に効率化できることに気づきました。プラグイン側でファイルを読みこんでヘッダーを解析していますが、わざわざそんなことをする必要はないのです。ただしPico側に少々手を加えなければなりません。以下その作業内容。 まず /lib/pico.php の248行に次を追加します: 'tags' => isset($page_meta['tags']) ? $page_meta['tags'] : '', 次に /plugin/pico_tags.php に次の関数を追加します:…
公開: / 最終更新日: