――isn't it?

新作、"Confused light"を公開しました。KORG ELECTRIBE Waveのスタディです。

先日諸事情によりスマートフォンを機種変更し、それまで使っていたiPhone 7が常用端末でなくなりました。買っただけで放置していたKORG Gadgetをこれを機にちょっとまじめに使ってみようかと思っていたところ、KORG恒例の音楽制作アプリ半額サマーセールに遭遇。デバイス購入欲もなくはなくはない状態だったので、ELECTRIBE Waveをつい買ってしまいました。せっかく買ったので一曲くらいは作ろう、というのが今回の制作のモチベーションです。我ながら貧乏性だなあ。

さて実際に使ってみたところの感想と言えば、覚悟していたこととはいえやはり画面がiPhone 7だとちいさい! 指での操作だと数値の変更がなかなかままなりません。ボタン系はおおむね大丈夫なのですが……。本格的に使うのであればスタイラスの導入は必須です、って、もしかしたらKORG Gadgetもそうかもしれませんね。iPad使いの人はどうなんでしょうか。

機能的には常用するKORG M01Dとは雲泥の差、できることが多すぎでこまるほどです。プリセットの音色の傾向がかなり絞られていることもあり特定ジャンル向けかと思っていましたが、実際にはさまざまなジャンルの音楽を作れるポテンシャルありと見ました。PCM波形の「41.Chorus Guitar」がM01Dの「EX GUITAR/MALLET 007 ChorusGtr」と同じだったりしたので、音作りの労を厭わなければM01Dを置き換えることもできそうです。

とはいえ私にとってのM01Dの魅力はその制約によって迷ったり時間をかけたりせずに最終形まで持っていけるところ。なので2DS LLや3DS LLが動き続けるかぎり基本的にはM01Dを使い続けるでしょう。しかし時にはM01Dだと実現しづらいサウンドを作りたくなることもあります(音色を変化させたりパンをうごかしたり、ですね)。ELECTRIBE Waveはそんなときの有力な選択肢となりそうです。

公開: / 最終更新日: