ひさしぶりにアンビエントものを作ろう、リバーブとダイナミクス(音量)をスタディしようとしたら、はからずもKORG M01Dの限界に挑戦みたいな鳴りになってしまいました。

 イントロで音が回りこむところや中盤から右チャンネルで音が割れるあたりは意図した操作の結果生じたわけではなく、いわば副産物として発生した効果です。
イントロの音の回りこみは常に生じるわけではなく、ロード後最初の再生や別のパート再生後などそれまでの操作に影響されて起きるようなんですが、発生条件は充分にはわかっていません。音割れは常に発生しますが、こちらもなんで起きるかはよくわからず。同時発音数が多いわけでもないのであとはリバーブの影響くらいしか考えられませんが、エフェクトを設定していないトラックにも影響があるんですよねえ。
あとアウトロのあたりでテンポの遅滞も生じているようです。
普通に考えれば駄目な音として捨てるところですが、ガジェット楽器で作った音と考えればこれもありかなという気がするので、なにかの参考になればと思い公開する次第。

余談ですが普段使ってるPCのヘッドフォン出力はリミッターがけっこうきつくかかっていて、この曲を再生すると音量がでこぼこしてさらにわけわからない雰囲気になりますですはい。

(これまでの作品は「はりぼてミュージアム」からどうぞ)

公開: / 最終更新日: