なかなかそううまくはいかなくてですね。ベタなタイトルのほうが受ける、と某氏にアドバイスをいただいたのですが。

私の記憶にまちがいがなければ基本のパターンは一度はM01Dにメモしておきながら上書きで消してしまったもの。ふたたび思いだしたということはそれなりに印象に残っていたということなのでしょう。音色のチョイスは手癖なので、SEを入れてすこし目先を変えてみたりしたつもり。

五月の連休に菊地成孔+大谷能生『憂鬱と官能を教えた学校』を読みまして、その影響で半音使いもちょっとだけ試みたりしてます。本のほうはおもしろく読んだだけなので理屈は一切身についていませんが(<-いばるな)、いわゆるコード進行に縛られないやりかたにも理はあると納得できたのは収穫でした。いや、私のやっていることはでたらめですけどね。

動画はFrosty Forestと同じコードで生成したもの。当初はあたらしいビジュアライザーを作ろうかと思ったのですが、ためしに動かしてみたらこれでええやん、という気になったので。

最近はインスト脳なので、次作もたぶんインストです。

(これまでの作品は「はりぼてミュージアム」からどうぞ)

2017-04-24(Mon)追記: この曲を含むアルバム"Phase Transition"をリリースしました

公開: / 最終更新日:
navigate_before
前のエントリ:
navigate_next