――丘を越えて買い物に、というイメージで。

今年は途方にくれるくらいメディアの送り手側の訃報、それも突然のものが多くて、自らの行く末に思いを馳せずにはいられませんでした。自分だっていつ死んでもおかしくない歳なのだとの思いも強まりました。

今年はSoundCloudでの再生数が Group 機能提供終了後雀の涙くらいに減り、なかなか気分も上向かないのですが、稚拙ではあっても完成度が低いと思われたとしても人目の触れるところにおいておけば誰かに届くかもしれない、そう思って来年も同じように活動するか、などと考えたりしています。

作品のほうは前振りとは関係なく、思いついたベースのフレーズを手癖で発展させていったもの。基本のリズムとメロディを決めて、転調することにして構成が決まって、コードやシーケンスを詰めていった感じ。めずらしくコンプレッサーとかフェイザーとか使って加工してみました。冒頭のコンプレッサーはもっと下品なくらいかけたほうがよかったかなあ。フェイザーはSONAR Artistの Classic Phaser なのですが、使ってたら SONAR 即死がおもしろいくらい多発して、さすがに SONAR から移行すべきなのかと考えはじめたところ。

動画は、tiny tiny daydreamのちょっと単純化したバリエーションという感じで、両チャンネルの平均音量を左右端の高さにマップして開始位置とし、パーリンノイズの値を角度にして先に進ませてます。紙みたいなテクスチャが浮かびあがってくるのは思いがけない効果でした。

今年も一年間お世話になりました。よいお年を。

(これまでの作品は「はりぼてミュージアム」からどうぞ)

2017-04-24(Mon)追記: この曲を含むアルバム"Phase Transition"をリリースしました

公開: / 最終更新日: