コラボレーションのお誘いなどそうあるわけでもないので、基本はやはり単独作業。ワンパターンとかマンネリとかいう言葉が脳裏をよぎるかもしれませんが気のせいです気のせい……たぶん……(<-自分に言い聞かせている)
 というわけでGUMI+M01Dの新曲、「蒼ざめた月と」です。

比較的長くてシンプルなベースのパターンを思いついたので、その繰りかえしで曲を形作ろうという試みです。「廻る夜明けに」と同じ発想ですが、すこしは技も増えたのであそこまでミニマムな感じにはなりませんでした。
 ベースの音はいつか使ってやろうと思っていたPick Bass。逆にキーボードやギターは使う音が絞られてきてしまってできればなんとかしたいところなのですが、こちらは好みや曲調もあるのでなかなかむずかしい……
 フェードアウトはけっこう初期の段階で決めてました。たまにはいいでしょう。

こういうメロディはMegpoid Whisperには向かないようで、素の状態では公開版よりもずっと滑舌が悪く苦労しました。聞き取りづらい箇所のダイナミクスやクリアネスを上げたりもしましたが、いちばん効果があったのはアタックを遅めに設定したコンプレッサー。結果として強調される歯擦音はイコライザーでハイを落として気にならない程度まで調整。フリーのディエッサーで有名なSpitfishも試しましたが、今回のケースではけっこう音が変わったので見送りました。VOCALOID3 Editor付属のコンプレッサーにアタック / リリースの調整がないと知ったことも今回の収穫のひとつです(<-いまごろ気づくな)。
 とはいえこれでもはっきり聴こえるとは言いがたいですね。精進しなければ。

動画は例によってキャラミんとHitFilm 2の組みあわせ。キャラミんでYIQ色空間のYを高め、HitFilm 2でHSB色空間のSを下げて、ちょっと変わった効果を狙ってみましたが、さてどうでしょうか。

(これまでの作品は「はりぼてミュージアム」からどうぞ)

2014年9月24日追記: 内容をちょっとだけ更新しました。

2016-02-08(Mon)追記: この曲を含むアルバム"Little Wish"をリリースしました

公開: / 最終更新日:
navigate_before
navigate_next