というわけでM01Dの新曲、"Running on the fence"を公開しました。

フレーズの断片がたまっている状態なのですこし片付けないと、ということで2018-03-19(Mon)にメモしておいたベースとドラムのパターンを引っぱりだしてきて完成まで持っていきました。最近作成していた四つ打ち系の曲はベースを動かさないことが多かったのでそこは意識して変えて、構成も手癖にしないようにして、とは言ったものの劇的に違うというほどではないですね、むう。ビブラートや時間的変化のある音色を選んで、自分では聴いていて心地よい曲になりました。M01Dの音色にビブラートのかかるものがあると気づいたのはいつだったかなあ。 タイトルは、挑戦とかパルクールとかいった言葉が浮かんだあと、ルースターズの"Sitting on the fence"が思い浮かんだのでそこから連想して決めました。

動画のほうはGLSLでレイマーチング初挑戦。レイマーチングについては次のエントリがわかりやすいでしょうか。

GLSL SandBoxで手軽にレイマーチングで遊ぼう

私の環境ではProcessingは塗りに弱く複雑な描画が容易ではないので、手軽に情報量を向上させるにはよい方法でした。最近はGLSLのライブコーディングの話をTwitterでしている方がいらっしゃるので、そちらから流れてくるShadertoyなどのソースをいじってみたりWebを検索して見つけた次のエントリあたりを読んでいろいろ変更してためてしていたらだんだんかたちになってきました。まだまだわからないことばかりですが。

GLSLは単独では動かないのでProcessingでホストプログラムを作成して再生した曲の情報(音量など)を引き渡して描画・保存しています。保存処理がなければHD24fpsで問題なく動くのですが、保存するとなると私の環境ではドロップアウト回避のために640x360の18fpsまで処理を落とさなければならず、結果動きはともかく解像度はかなり粗い感じになってしまっています。マシンスペックの限界だなあ。 Processingのホストプログラムはフィルタを複数指定できるようにするなど無駄にこった作りにしてしまったのでそのうち公開したいと思います。

次は歌ものかインストか決めてませんが、インストでも四つ打ちじゃないものにしようとは思っているところです。さてどうなりますか。

(これまでの作品は「はりぼてミュージアム」からどうぞ)

公開: / 最終更新日: